06.18
Wed
今回は「パンロール」を紹介します。

パンロールは北海道小樽に本社工場を持つ「かま栄」という蒲鉾屋の商品です。

見た目は丸い筒状で、蒲鉾を薄い食パンで巻いて、油で揚げている揚げかまぼ
この仲間です。
「かまぼこ」と「パン」という組み合わせは、なかなか面白い発想です!

お店でも人気商品であることから
かま栄のホームページには「パンロール」についての独自のページが用意され
そこには誕生の歴史、取り扱い店、冷めた場合の食べ方などが掲載されていま
す。
ホームページから抜粋すると…
パンロールは昭和37年に弊社社長、佐藤公亮が発明した生粋のかま栄オリジ
ナル商品です。
かまぼこをスナック感覚で食べることは出来ないか?
ということを追求した結果、すり身をパンで包むという発想に至りました。

とのことです。

こんなに前からあったとは知りませんでした。

でも、やっぱり私が思った通り、これはおやつでもあるんですね!
実際に食べてみると、外側のパンはカリカリで中のかまぼこは柔らかく
とてもおいしいです。

そんなパンロールですが真空パックにすることが出来ず、防腐剤の類を使用し
ていないため、残念ながら地方発送することが出来ないそうです。

道内にいくつか店舗がありますので北海道へお越しの際は是非寄ってみてくだ
さい!
パンロールのほかにもたくさんの種類の揚げかまぼこが並んでいますよ。

ちなみに パンロールは1つ210円です。。。

ホームページもチェックしてみてください。
<<かま栄>>
http://www.kamaei.co.jp/
スポンサーサイト




comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://setsubitakumi.blog.fc2.com/tb.php/114-83748b4c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top