--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.18
Wed
前回も「設備情報管理のメリット」というテーマの中の、「情報へのアクセス
の改善」についてお話をしました。
「情報アクセスの改善」は、定量的、つまりコストの問題です。
コストには次の2種類が考えられます。

・直接的コストの問題
・間接的コストの問題

直接的コストとは、

情報探索時間×単位時間当たりの人件費

で算出できます。
この考え方をもとに、設備情報管理によってメリットがあるかどうかは、次の
方法で判定できます。

項目A:これまでの情報探索時間(/月)×人件費(/月)
項目B:情報管理実施後の想定される情報探索時間(/月)×人件費(/月)
項目C:設備情報管理運用にかかるコスト(/月)
項目D:設備情報管理導入にかかる初期コスト

◎D÷(A-B-C)

この方法は初期コストを何カ月で回収できるかということです。
それでメリットがあるかどうかを判定できます。
それぞれの項目は、調査・計測やシミュレーションで求めます。

このような内容をお話ししてきました。

今回は、間接的コストについてご説明します。

直接的コストで、初期コストが十分に回収できない場合、設備情報管理は行わ
ない方がよいのでしょうか?
それ以外のコストで十分にペイできることがあります。

もう一度、基本的な事項に立ち戻ってみましょう。

情報の探索は何のために行うのでしょうか?
通常、設備の整備、点検、故障・異常時の修理のために必要な情報を得るため
に行うのです。

逆に言えば、情報が得られなければ、それだけ作業の開始時間が遅れてしまう
ことになります。

では、設備が故障によって停止や処理能力が低下してしまった場合を考えまし
ょう。
実は設備の修理コストの他に、影響で次のような損失(コスト)が発生する可
能性があります。

◎別の設備の稼動・外部への委託・人手による対処など、代替処置によるコス
トがかかってしまう。
◎生産・処理対象の品質異常が発生してしまう。
◎製造業の場合、生産が予定通り行かず、販売に影響を与えてしまう可能性が
ある。

これらのコストは、時間が増えれば増大する可能性が高いものです。
つまり、故障時に時間をロスすれば直接の修理コストは変わらなくても、その
影響によって間接的にコストの発生につながってしまうということなのです。

当然、情報探索が遅れれば修理の開始時間が遅れ、設備の復旧に時間がかかり、
間接的コストが増える可能性が高まります。
逆に、探索時間を減らすことができれば設備の復旧が早まるため、間接的コス
トの削減ができるのです。

多くの場合、間接的コストには突発的な設備の故障や異常が関係していると言
ってよいと思います。
決められた点検や整備は、あらかじめ情報探索に十分時間を費やす調整もしや
すいので、こうした間接的コストの影響は小さいと考えられます。

では実際に、どのように間接的コストを見込んだらよいでしょうか?

実際に設備故障や異常によってどんな影響があるのかは、設備によって違いま
す。
そのため設備の故障時の結果を色々な側面から検討する必要があります。

一見、コストとは関係が薄いと思われても子細に見ると費用が関係しているこ
とがあります。
例えば、


◎ユーザーからのクレームが発生する

設備の異常が発生すると、多かれ少なかれ外部・内部ユーザーからのクレーム
が発生します。
クレームとはすなわち「問い合わせ」です。

例えばある施設で冬に空調機が止まってしまった場合、当然、その部屋にいる
人から施設の管理部門に問い合わせが行きます。

「原因は?」
「復旧はいつなのか?」

その問い合わせの応対は誰がするのでしょうか?
通常、施設の管理部門の人が行います。
しかし、その応対は本来の業務ではありません。
そこに、無駄な人件費が発生すると考えられるのです。
復旧に時間がかかったり、正確な情報を与えられなかったりすると、応対時間
も増えていくことが予想できます。

◎たまにしか使わない設備の故障

たまにしか利用しない設備の場合、故障が発生してもすぐに影響がないように
見えることがあります。
しかし、そうした設備は別の問題が起こった場合のバックアップのためにあっ
たりします。

例えば、緊急用の発電機などが挙げられます。
本来の電源系統に異常が発生した場合、緊急用の発電機が稼動しなければ、大
きな損害となります。
本来の電気系統の異常は確率が小さくても、発生可能性があります。
その可能性は時間経過とともに、通常は増大します。
ですから、非常用発電機の故障を放置しておく場合、こうしたリスクコストが
時間の経過とともに増大すると認識する必要があります。

このように個別に考えた時、コスト算定は非常に複雑になります。
では、実際に情報探索を早くした場合のメリットをどのように考えたらよいの
でしょうか?
次回、お話させていただきます。
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://setsubitakumi.blog.fc2.com/tb.php/115-4e7bd81e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。