--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.19
Thu
今回は「炭焼き 炙屋(あぶりや)」を紹介します。

北海道の8月は激しい雨が降ったり気温が高くなったり夜も暑さが残っていた
りしています。北海道事務所では今日も扇風機だけで暑さを乗り切っています。
短いといわれる北海道の夏ですが早く涼しくなって欲しいと思う今日この頃で
す。

前置きが長くなりましたが「炭焼き 炙屋(あぶりや)」は
北海道の厚岸にある水族館や観光案内所、レストラン、展望台、会議室などが
揃った複合施設「厚岸味覚ターミナル・コンキリエ」の2階にあるお店です。

「コンキリエ」とはイタリア語で貝の形をした食べ物という意味で
建物自体も貝殻をイメージした形になっているとのことです。

一般的に冬にしか食べられないイメージがある牡蠣ですが
厚岸産の牡蠣は日本で唯一年中食べる事ができ「炭焼き 炙屋(あぶりや)」
では牡蠣はもちろん、あさり、ホッケ、さんま、ほたてなど新鮮な魚介を
「魚介市場」で買って自分たちで焼いて食べる事が出来きます。

席に案内され、目の前には炭火に網が用意されていました。
渡された焼きガキの注意事項を読み、少々ビクビクしながら焼けるのを待って
その間にホッケやあさりを食べて、注意事項にあった通りにはじける牡蠣に
びっくりして、焼けた熱い牡蠣の殻を軍手をした手で開けて食べる。
というなかなかない経験をしました。
味はもちろんおいしいですよ。

また、厚岸には湿原カヌーツーリングやアザラシウォッチング、あさり堀り体
験など自然を満喫できる体験ツアーがありました。
私もあさり堀りを体験してきましたが大きなあさりが出てきた時はうれしく
思いがけなく「ツブ貝」を見つけた時は感動し、とても楽しかったです。
その後、帰ってから自宅の冷凍庫があさりでいっぱいになってしまった事は言
うまでもありませんが。。。

「炭焼き 炙屋(あぶりや)」のある施設「厚岸味覚ターミナル・コンキリエ」
は「楽しい・おいしい」が盛りだくさんです。
是非チェックしてみて下さい。

http://www.conchiglie.net/
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://setsubitakumi.blog.fc2.com/tb.php/123-d4986739
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。