--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01.05
Tue
今回はカラスミを取り寄せてみました。

カラスミはボラの卵巣を塩漬け後、塩抜き、乾燥させたもので、特に肥前
(長崎)のカラスミは日本三大珍味の一つとも呼ばれています。
ちなにみ他の2つはご存知でしょうか?(答えは最後に。)

カラスミは漢字では「唐墨」と書くそうですが、その昔、豊臣秀吉が肥後の名
護屋(佐賀・唐津)を訪問し、長崎代官の鍋島信正が長崎名産として献上した
際に、形が唐(中国)の墨に似ているので「からすみ(唐墨)と申すものです」
と紹介したことからその名前がついたということです。

今回取り寄せたのはカラスミのスライスとパスタソースが入っているお試しセ
ット
(カラスミのスライス5枚×2袋、パスタソース2食)です。

カラスミのスライスは1枚ずつパックされているので便利です。
大きさは500円玉より一回り小さいくらいなんですが、最初見たときは正直
「ちっちぇぇ」と思ってしまいました。でも魚の卵巣のスライスですからこん
なものですね。
とりあえずは生のまま食べてみました。パックを開けると魚卵系特有の香りが
します。
魚の生臭さが苦手な人はちょっと気になるかもしれません。
一口食べてみると、魚卵の粒々が小さいのでしっとりとした食感です。
明太子の粒々を小さくして、もっとしっかりさせた感じでしょうか。
塩気が少々きつく個人的にはもう少しマイルドな方がいいなと感じました。
ただ、おかげでお酒はすすみました。

その後パスタソースも食べてみました。茹でたパスタにソースをかけて混ぜる
だけですので簡単です。
カラスミは細かくパラパラになっていてそれをふりかけます。
明太子やタラコのパスタと同じようなイメージですが、もう少し濃厚な感じが
してまずまずおいしかったです。

生のままやパスタ以外にも、炙り、お茶漬け、大根サンド、トースト、などい
ろいろな食べ方があるようでおもしろいと思います。

最近カラスミを天日干ししているニュースを見ましたが、ちょうど今がシーズ
ンのようですね。
今回のカラスミはオーストラリア産ボラ使用とのことですが国産の手作りカラ
スミも食べてみたいものです。

さて日本三大珍味のあと2つ。答えは、越前(福井)のウニ、三河(愛知)の
コノワタでした。こちらも機会があれば取り寄せてみたいと思います。


長崎旬彩出島屋
「からすみ」お試しセット 2,160円
http://store.shopping.yahoo.co.jp/dejimaya-netstore/ks-s1999.html
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://setsubitakumi.blog.fc2.com/tb.php/168-e69a67a7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。